アクシス不動産 > アクシス不動産 ㈱アクシスのスタッフブログ記事一覧 > 就職活動体験談

就職活動体験談

≪ 前へ|一枚の地図   記事一覧   大学生活を振り返って|次へ ≫
カテゴリ:横浜国立大学
 こんにちは! KKです。
 一昨日3月1日に企業の採用説明会が解禁されましたね。私は昨年就職活動をして、来月から働く予定です。ということで今回は就職活動に関して書こうと思います。
 まだ内定者の身分なので少し烏滸がましいような気もしますが、就活をする方の参考になればと思います。

 3月からの就活の流れは大体、説明会(その他講演会など)参加→エントリーシート作成→適性試験受験→面接というような感じになると思います。但し、企業によって選考の時期に少しずれがある事も多いので、同時進行になる部分もあります。

企業説明会等への参加


 冒頭で述べた通り、つい数日前に企業説明会が解禁されたところだと思います。焦っている状態で説明会の情報が入ると、とにかく参加した方が良いのではないかという気持ちになるかもしれませんが、その必要は無いと思います。                              様々な企業が集まって行われる説明会などはあくまで説明会であり、参加すれば必ず有利になるとは言えません。
 また、参加した事実を作る事を目的に参加すると、その日はきちんと就職活動をしたと満足して他の事をしなくなってしまう事も考えられます。
 なので合同説明会等は1,2回行けば十分だと思います。

 私はこういった説明会よりも実際に社員の方に質問したり会話したりすることが出来るイベントの方が重要だと思います。自分が知りたいと思う事を直接社員の方々に聞く事が出来ますし、社員の方の話を聞いて自分はどうなりたいのかをより具体的にイメージ出来るようになる事もあるかもしれません。

 なので、ただ参加回数を増やすよりは、多少数を減らしてでも"参加して得られるものが多そうなイベント"を選りすぐって参加した方が良いと思います。

横浜国立大学 就職活動



マルチタスクの負担軽減


 一度に多くの事をやるとなると大変なので、同時進行でやる物事の数をなるべく減らすと良いと思います。
 例えば、エントリーシートの書き方の本を全部読んでエントリーシートを書き始めようと思っている方もいると思いますが、私はそういった類の本を1冊読むという事はせずに、最低限の知識(句読点の配置などのルールのようなもの)だけを身に着けてエントリーシートを書き始めるのが良いと思います。
 複数の企業のエントリーシートを書いていれば徐々に書けるようになっていきますし、人によっては上記の参考書に書かれている事に縛られてしまう可能性もあると思うからです。
 他に、適性試験の対策を早めに終わらせておくという事などが挙げられます。

嘘はなるべく吐かない


 エントリーシートや面接など、全体的に言える事ですが、安直な嘘はやめておいた方が良いです。適当な嘘を吐いてしまうと、それは少し追及されただけで看破されてしまいますし、それを免れたとしても自身の他の発言と矛盾が生じて相手に不信感を与えてしまうかもしれません。

 もう一点、"嘘を吐かない"というのは"最も強く思っている事を伝えなければならない"という事ではないという事も伝えておきます。
 ある質問に対し、それについて自身が一番強く思う事を伝えると印象が悪くなると感じたのであれば、2番目・3番目に思う事を伝えるという方法もあります。それを伝える分には特に矛盾も生じないと思います。
 もしも印象が悪くなると思う回答しか思いつかなかった場合は、取り繕わずに正直に答えるしかないと思います。嘘を吐くよりは相対的にこちらの方が良いです。

 以上をまとめると、
・得られるものが多そうなイベントに参加する
・同時にやる事の数を減らす
・嘘を吐かない
となります。

 就職活動は人によっては非常に辛いものになると思います。無理をするなと言われる事があるかも知れませんが、なりたいものがあるならば多少の無理は必要になる場合があります。出来る限り頑張って、全部終わった後に思い切り休みましょう。

横浜国立大学 就職活動



 今回は以上です。ありがとうございました。
≪ 前へ|一枚の地図   記事一覧   大学生活を振り返って|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る