アクシス不動産 > アクシス不動産 ㈱アクシスのスタッフブログ記事一覧 > 横浜国立大学の寮(峰沢寮)について

横浜国立大学の寮(峰沢寮)について

≪ 前へ|ふるさと納税!!!   記事一覧   心が震えました。|次へ ≫
カテゴリ:横浜国立大学
こんにちは! KKです。今回二回目の投稿となります。

今回は表題の通り、横浜国立大学の寮の一つである峰沢国際交流会館についてです。
私は以前この寮で生活していましたので、体験談も交えつつ紹介したいと思います。
まず、パンフレット等で見た方もいるかもしれませんが、外観はこんな感じです。

横浜国立大学 一人暮らし


手前に見える建物が管理棟で、奥に見えるのが寮生が生活する棟の一つのB棟です(他にもA棟、C棟があります)。この写真のB棟の奥には畑があったと思います。のんびりしたい時にはそっちを見てみるのも良いかもしれません。

ここから、この寮の良い点、悪い点について述べたいと思います。検討している方は参考にして頂ければと思います。

峰沢国際交流会館の良い点


まず挙がるのは家賃の安さです。横浜にあるという事を考えると非常に安いです。横浜国立大学のHPにも載っていますが、1月あたり寄宿料5700円、共益費4800円で、計10500円です。これに電気代や水道代、インターネット料金等が加わりますが、私の場合はそれらを合わせても月20000円ぐらいでした。アルバイトをすればそれなりに貯金もできる人もいると思います。

次に、通学時間が短くて済む事です。学部・学科によって通う棟は変わりますが、文系の棟であれば自室から歩いてもせいぜい20分程度だった気がします。走って行く、もしくは自転車で行くという事であればもっと短くなります。私の場合、身支度にほぼ一切時間をかけなければ講義前30分前に起きたとしても講義開始には間に合いました(笑)
また、この寮から大学に入るのに最も近いのは東通用門です(↓)。

横浜国立大学 一人暮らし


あとは国際交流会館という通り、割と留学生が多いので自分から声をかけられれば異文化交流もできるんじゃないかと思います。他にも、近くにコンビニ(↓)や診療所があったり、しばらく歩けばスーパーがあったりと、普段の生活にはさほど困らないと思います。

横浜国立大学 一人暮らし



峰沢国際交流会館の悪い点

少し心苦しい部分もありますが、悪い点についても述べたいと思います。
良い点もあればやはり悪い点もあります。

まず、部屋同士の壁がかなり薄かったり、自室のドアも防音性に優れたものではないため、隣の入居者の話し声が頻繁に聞こえたり(普通の声量であれば内容まで聞こえる事は無いのでそこはご安心を)、階段の近くの部屋だと他の人が階段を上る音が聞こえたりします。そういった生活音が気にならない方であれば問題ないかもしれませんが、敏感な方は結構気になります。

次に、シャワーや洗濯機を使う度に100円かかります。洗濯はまとめてできない事もないのでそんなにお金はかかりませんが、シャワーは毎日浴びるかと思います。その為、週に2回洗濯をするとして月に約4000円かかる事になります。また、シャワーは1回10分なので、それ以上かかる場合はまた100円必要になります。ちなみに浴槽はありません。あと、住む棟や階によっては洗濯機がある場所まで少し歩かないといけません。

それ以外には、自分用のキッチンが無い事です。調理する場合には各階に1つずつ共同キッチンがあるので、そこでする事になります。ただ、共同という事もあって気の合う友人と調理したり、ちょっとした鍋パーティのような事も出来たりするので悪い事ばかりでもないのかなと思います。

峰沢国際交流会館の紹介でした。まとめると、

良い点
・生活費が安く済む
・大学に近い
・生活するのに必要な施設はある程度揃っている
・行動次第で留学生と仲良くなれる

悪い点
・音が気になる
・自室にシャワー室や洗濯室、キッチンが無い

といった感じです。

今回は以上とさせて頂きます。ありがとうございました。
≪ 前へ|ふるさと納税!!!   記事一覧   心が震えました。|次へ ≫

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

トップへ戻る